プラスチック押出成形メーカー・異形押出・樹脂パイプ・熱収縮チューブ・厚板・丸棒・曲げ加工・エンプラ成形・PC成形・PSU成形・PEEK成形

製品紹介

ホーム各種パイプ>高表面硬度ポリカーボネートパイプ
高表面硬度ポリカーボネートパイプ
引っ掻き試験
引っ掻き試験 イメージ
一般にPCは機械強度に優れますが、引っ掻き傷に弱い性質があります。
帝人株式会社が開発した高表面硬度ポリカーボネートを使用することにより、PC本来の透明性・機械強度を維持し、表面硬度が増したPCパイプ・各種プロファイルの成形が可能になりました。
  • 引っ掻き試験①
    左:一般PC
  • 引っ掻き試験①
    右:高硬度樹脂
  • 技術紹介
    引っ掻き試験①(H鉛筆)
    特徴
    H鉛筆を使用し、引っ掻き試験を行った結果です。(倍率400倍)
    一般PC樹脂に比べ、高硬度樹脂の表面はほとんど傷がない状態です。
  • 引っ掻き試験②
    左:一般PC
  • 引っ掻き試験②
    右:高硬度樹脂
  • 技術紹介
    引っ掻き試験②(2H鉛筆)
    特徴
    2H鉛筆を使用し、引っ掻き試験を行った結果です。(倍率400倍)
    一般PC樹脂にはっきり傷がついたのに比べ、高硬度樹脂の表面の傷はうっすらとしか発生しませんでした。
    ▲Page Top