プラスチック押出成形メーカー・異形押出・樹脂パイプ・熱収縮チューブ・厚板・丸棒・曲げ加工・エンプラ成形・PC成形・PSU成形・PEEK成形

技術紹介

ホーム技術紹介>成形法概要
成形法概要
溶融押出成形法
成形材料を押出機の加熱シリンダー内で溶融させてスクリューの回転で前進させ、シリンダー前部に設けた金型を通して一定断面形状に押出した溶融樹脂を連続的に引取りながら冷却・固化させ、パイプや異形の成形品を生産します。
固化押出成形法
基本的には溶融押出成形法と似ていますが、シリンダー前部に設けた金型内でゆっくりと冷却・固化させることで高性能で緻密な成形品(丸棒・厚板)を生産します。
押出延伸成形法
溶融押出成形法で成形したチューブを、さらに縦・横方向に延伸することで特徴ある物性を有した熱収縮チューブを生産します。
▲Page Top